IPPI STYLE
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
短編 狼狽
「――へっ?」
 電話口であるにも関わらず、私は思わず間の抜けた声を上げてしまった。
 それは決して、自分が気負いすぎて、拍子抜けしたなどということではなくて、まったくの真逆だった。
 父親が倒れた――その連絡を、何の前触れもなく知らされて、平静でいられるという方が無理があるだろう。
 元々、父親とはそれほど仲が良いというわけではなかった。
 俗にいう仕事人間だったし、顔を合わせる機会というのも朝方の忙しい時間帯だったり、休日の午前中だとかその程度だった。
 そういう事もあって、何かあったとしても大して驚いたり悲しんだりすることはないだろうと、自分自身思っていた。
 だからこそ、衝撃を受けている自分に自分で驚いて呆けてしまっていることが意外だった。
「そう……わかった。それじゃ」
 電話の向こうでは母親が深刻そうな様子で事の次第を伝えてくれたが、それにろくな相槌も打つことができないまま、通話を切っていた。
 頭が回らないというのはこういう状態のことをいうのだろうとぼんやり思いながら、中空を見つめる。
 そこには何もないのだが、どこを見ていいかわからない私にとって、その場所以外に目のやり場がなかったというのが正直なところだ。
 もし、これが椅子だとかソファにもたれかかっていたのなら、きっと立ち上がるどころか身体を起こすこともできなかっただろう。
 ただひたすらに、呆然としながら部屋の真ん中に立ち続ける。
 時間感覚なんて消失していた。
 ゴトッという固い物音に反応して急に意識が覚醒する。
 何事かと思って足元へ視線を落とすと、そこには手中にあったはずのケータイが転がっていた。
 どうやら手の合間からすっぽりと抜け落ちてしまったらしい。
 慌ててかがみ、拾い上げる。
 ディスプレイに傷はついてないらしく、安堵の息を漏らす。
 そう、とにかく今は落ち着くことが大事だ。
 別に大したことじゃない。
 ただ父親が倒れただけなのだ――別に命を落としたわけではない。
 自分に言い聞かせ、納得させようとするが、どうにも胸の辺りがざわついて落ち着かなかった。
 口の中が乾く。
 口どころではない、喉も胃も、もしかしたらそのほかの臓器まで、体内のすべての器官が乾燥してしまったのではないかと思えるくらいだった。
「と、とりあえず……水を――」
 キッチンに向かい、簡易浄水器付きの蛇口をひねって水を出す。
 グラスに溜まっていく水が待ちきれない。
 半分くらいまできたところで蛇口を締め、一気にグラス内の水を煽った。
 しかし、自分の口内の容量以上に注ぎ込んでしまったらしく、口とグラスの隙間から溢れた水がこぼれ落ちる。
 結局、グラスの中は空になったのに、その多くは衣服を濡らし、キッチンの床へ水たまりを作るだけに終わっていた。
 ――頭を冷やした方がいい。
 そう思いながらも、私は目の前に広がる濡れた床を眺め続けていた。
短編 鳥居の先に
 夜の8時ということもあって、周囲は真っ暗で、灯りなしには出歩くこともままならなかった。
 一歩足を踏み出すごとに、湿った大地を踏みしめる感覚が脚先から伝わってくる。
 これが都会だったならもっと固い感触が返ってきて、視覚的にも外灯が夜道を照らしてくれるのだろうけど、無いものをねだったところでどうしようもない。
 おかげである程度の暗さだったら感覚でなんとか目的地まで歩けるようになったのだけど、それもこの村だけでの話だ。
 無論、道は明るいに越したことはない。
 暗いというだけでもマイナスなのに、舗装もされていないものだから、慣れていなければ夜間に外を出歩くなんて無謀ともいえる。
 村民であっても、小学生くらいであれば迷って大捜索が行われてしまうレベルなのだから。
 そんな夜道を何故歩いているのかというと、それはもちろん理由があるからで、それは自分の右手側にそびえる山にある。
 山というのは自分たち地元の人間の俗称みたいなもので、実際山と呼べるほどの高さがあるわけではない。
 むしろ丘だとか呼んだ方が正解なのだが、実際そう呼んできたのだからそれ以上何も言えないということで勘弁してほしい。
 決して平坦とはいえない道を歩くこと数分。
 右手に朽ちた鳥居と、石の階段が姿を現した。
 これだけ見れば大抵の人は理解できるだろうが、この山の上には神社がある。
 足を止めると、周囲は一気に静まり返り、夕方に降った雨の湿気が、何とも言えない泥っぽいにおいを感じた。
 石段には水たまりこそなかったが、乾ききらなかった雨水がほんのりと残っている。
 滑って転がり落ちないよう、念のため気を払いながら階段を上がり始める。
 別に、今日は何か特別な祭りだとかイベントがあるわけではない。
 何もないとはいわないが、それは村を挙げてとか言う大きな規模のものではなく、身内で行うようなこじんまりとしたものだ。
 それ故にこうして各個がばらばらに集合する羽目になったのだが。
 石段は決して低いとはいえず、数にして数十段。
 具体的な数字は数えた記憶がないのでわからないが、結構な数があってしかも結構急なので結構な高さになる。
 一番上から落ちたらまず無事では済まないだろう。
 段のひとつひとつに足をかけ、体重をかけて上がっていく。
 さすがに息が上がり、足に疲労が溜まってくる。
 普段から運動をしている方ではあるが、この石段は別格だ。
 数年前まではスポーツ系の部活でトレーニングとして往復をなんどもやっていたというのも納得がいく。
 結局、後半で失速しながらもなんとか上りきると、そこには無人の境内が広がっていた。
 人の姿は見えず、暗がりと階下よりも涼しい空気が汗ばんだ肌に心地よかった。
 ちょっと早く着きすぎたかなどと思いながら鳥居をくぐり、境内を進む。
 風の音と虫の鳴き声が、妙に響いて聞こえた。
短編 サークル活動
 時速80キロで流れていく景色は、風景の輪郭を保持することもできず、抽象画の油絵を眺めているような気分になる。
 道路の脇にはコンクリートの壁が並び、その向こうには緑豊かな山々の姿。
 一部は太陽の光を受けてか、緑色に輝いて見える。
 民家らしき建物はなく、まさに大自然の中を道路が突き抜けているような、そんな場所だった。
 芸術だとかには興味が薄い自分だが、そういったものにでも興味を持たなければやっていられなかった。
 絵画のような世界が車窓越しに見えるといっても、油絵のような臭いは当然あるわけでもなく、車内エアコンの送風口から漂ってくる冷風が、人工的な無臭ぐらいしか感じられない。
 高速に入ってから数十分が経過していた。
 最初の内は多少の会話もあったが、今となっては特に話題もなくなり、皆が無言になっていた。
 にわかに信じがたいかもしれないが、これでも同じサークルの仲間だったりする。
 同じサークルではあるのだが、実際良く知らないのだ。
 小さなサークルであれば違う事もあるのだろうが、このサークルの参加人数は80人近くある。
 もちろん、全員が律儀に参加しているわけではなくて、活動には参加できていない名前だけの者も幾らかはいるわけなのだが、それを抜きにしても結構な数だというのがわかるだろう。
 そんな大所帯では、派閥というかグループ分けがいつの間にかなされているというのも自然な事だ。
 ここまでくれば察しが良い人はわかってくれると思うが、この自動車というのはそういった他のグループからあぶれた者たちが偶然にも乗り合わせたものだったりする。
 身内同士であれば、それなりに会話もするだろうし、社内の雰囲気もそれなりに明るくはなるだろう。
 その割合が多ければ多いほど、少数派は肩身の狭い思いをするわけだが……。
 ――とにかく、ある意味奇跡的に少数派で構成されたこの自動車は、無言で高速道路を進んでいく。
 心なしか、前方を走っている車が楽しそうに見える。
 きっと気のせいなのだろうが、どうにも頭に引っかかって仕方ない。
 無意識のうちに顔をしかめ、窓の外へと眼光と共に私怨を散らす。
 何か新しい出会いだとか、発見だとか、思い出が生まれると期待していた数日前の自分を殴りつけてやりたい。
 窓の外では相変わらず絵画みたいな世界が、ゆったりと移動を続けていた。
 妙な息苦しさを覚えながらも、そっと両目のシャッターを閉じて、座席に寄りかかる。
 漂ってくる冷風が、妙に肌寒かった。
短編 反転した時計
 どんな学校にも怪談や七不思議のような噂があるような印象があるが、自分の場合、そういった類のうわさはまるで耳にした記憶がない。
 それは単に自分自身、そういった話に疎いだけだったのかもしれないが、自分の周りの友達がそういった話題について語っていることもなかったし、部活の先輩も話していた記憶はなかったのが事実だ。
 そもそも、そういう恐怖談話について話す機会というのは大抵が学校での合宿だとかそういう特殊な状況に限った話で、そういう場がなかったのも要因の一つなのかもしれない。
 では、なぜそんな事を考えたりしたのかというと、今の自分が立たされている現状がそれに関するからという事に他ならない。
 今現在、時間は夜の10時を過ぎて学校の中を巡回している。
 学校といってもどこにでもあるようなコンクリート建築で、特別怖いだとかいう認識もない。
 創立してからまだ十数年ということもあって、どちらかというと新しい部類に入るだろう。
 自分の子供の頃とはまったく異なる校舎に、怖さは感じなかった。
 色々な場所で警備をしてきた身としては、深夜のデパートと大差はない。
 おかげで足取りも軽く、あくびが口から漏れ出る。
 自分の足音も響きはするが、怖さはない。
 むしろ他の足音が聞こえた方が恐怖を覚えるくらいだ。
 今の時代、幽霊だとかおばけよりも、人間の方がずっと怖い存在だ。
 とはいってもセキュリティはそれなりに厳しいので、誰かが潜入したならすぐに警報が鳴る。
 それまでは自由気ままに巡回をすればいいのだから、気楽なものだ。
 それ故に、給料もあまり良いとはいえないのが唯一の不満といえるだろう。
 階段を上ると、踊り場に姿見の鏡があった。
 自分の姿が反射して写るが、別段変わったところはない。
 手にしたライトの光が反射して若干眩しかったりするが、その程度だ。
 そのまま階段を上り、上の階へ到達すると、再び廊下を歩き始める。
 短調な作業に意識がぼんやりとしてくる。
 眠気が強くなる時間帯というのもあったせいかもしれない。
 半ば作業的に教室の施錠を確認し、次の教室へと向かう作業を繰り返す。
 そんな中、とある空き教室の扉の施錠を確認しようとすると、ガラガラと音を上げて扉は開いた。
 鍵のかけ忘れかと内心舌打ちしながら、念のために教室の中へ入る。
 そこは机も椅子も何もなく、綺麗なタイルが敷き詰められた、ただの空き教室だった。
 念のため、室内へライトの光を巡らせてみるが、人影はない。
 生徒だとか教師だとか、人が残っていないのなら、それでいい。
 そう思い再び廊下に戻ろうと踵を返した瞬間、ふと視界の端にアナログ式の壁掛け時計が目に入った。
 普通なら見過ごしているところだが、その時計に違和感を覚えたこともあり、動きを止めてもう一度時計を注視する。
 その時計は、一言で表すと奇妙だった。
 まるで鏡に映したかのように、時計の文字盤や数字までもが真逆を向いていたのだ。
短編 ラインワールド
 この世界はどんな要素で構成されているのだろうと考えることが時々ある。
 そんなことを考えてしまうのは、やはり現実に不満があるからで、それを否定できないのも確かだ。
 生き苦しさというのだろうか、身体の内側から張り詰めた何かが圧迫してくるような、そんな感覚が焦燥感を煽り立て、精神のゆとりを蝕んでいく。
 余裕がなくなっていき、冷静な判断がくだせなくなってくる。
 たとえるなら、逃げ場のない回廊へと閉じ込められ、徐々に空気を抜かれていくかのような、死を限りなく近くに感じるような心地。
 こんな思いをするなら、いっそのことこのまま消えてしまった方が楽だと思うようになる。
 どうして世界はこうも直線的なのだろうか。
 善か悪か。
 二元的な価値観が蔓延し、それを無意識のうちに盲信してしまっている。
 それがどうにも耐えられなかった。
 直線によって形作られた世界。
 それは、人間の心すらも真っ直ぐ切り分ける。
 柔らかさだとか丸さだとか、そういった要素は見事に切り捨てられ、排除される。
 よく、障害は乗りこえられる人間の前にしか現れないだとかいう言葉を放つ人がいるが、それは信じがたい。
 都合の良い言葉で納得させようとしているだけにも思えるのだ。
 それも当然だ。
 自分が経験し、乗り越えたことのない障害など、他人にアドバイスできるはずがないのだ。
 それを口にするという事は、胸の内では自分が教えてあげているという精神的優位に立ちたいという願望の表れでもあると考えている。
 そう、線引きをして、判断していく世界。
 平等だとか、公平だとか、上辺で存在しているだけの世界。
 そんな世界よりも、もっと柔和で、暖かな世界に、生まれたかった。
 上手く笑う事も出来ず、周りに卑下されるだけの人間は、今もこうして独り自分の身体を直線で切り刻む。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。